フィリピン英語の特徴

8ecc939ffcfc537adbc12a1833f34482_s

初心者にも向いている フィリピン英語は留学時においても、比較的初心者向けの言語だといえます。 その理由として、学ぶ場のほとんどがワンツーマンでの会話で成り立っているからだと言われています。 発音自体もネイティブな英語とさ […]

フィリピン英語の特徴

8ecc939ffcfc537adbc12a1833f34482_s

8ecc939ffcfc537adbc12a1833f34482_s

初心者にも向いている

フィリピン英語は留学時においても、比較的初心者向けの言語だといえます。
その理由として、学ぶ場のほとんどがワンツーマンでの会話で成り立っているからだと言われています。

発音自体もネイティブな英語とさほど変わりませんが、やはりちょっとしたイントネーションの癖も。
とはいえ、インドなどさらに発音の癖が強い国と比べると、コミュニケーションを図る時間もすぐに行えるようになるでしょう。

アメリカ英語に近い理由

フィリピン英語は、どちらかというとアメリカ英語に近いものがあります。
その理由として、アメリカ企業で働いた経験のあるコールセンターの人々が、フィリピン国内で英語を教えている、というのが挙げられます。

コールセンター時代とは異なり、時間やクレームの縛りなどから開放を求め、フィリピンで英語を教えるという人も増えてきています。
何よりも英語に疎い人々に対し、英語を教えるという楽しさを知った、という人も多いそうです。

日本人の英語に慣れている人が多い

フィリピンでは日本人が話す英語に慣れている人が多い、という特徴があります。
そのため、会話をする際にも比較的聞き取りやすいと感じる人も多いのではないでしょか。
英会話を学ぶ場においても、先生方が教育熱心に教えてくれます。

英語を使った日常会話の中でも、速さやスラングといった部分を考慮されながら話す人が多いです。
これは、相手に対してより理解してもらおう、という気持ちの表れが、フィリピンに住む人々に強くあるからだといわれています。
そのため、ちょっとした会話で終わるはずが、話すことについて楽しくなってしまい、ついつい長話に繋がってしまった、なんて人も少なくないようです。