フィリピン留学の注意点

philippines-321674_640

心構え フィリピンへ留学する際には、日本の生活とは異なり様々な部分で注意しなければいけません。 例えば電化製品を使う際にも、不安定な電圧が張り巡らされている室内では、使いすぎやコンセントへ挿したまま放置、といった行為を避 […]

フィリピン留学の注意点

philippines-321674_640

philippines-321674_640

心構え

フィリピンへ留学する際には、日本の生活とは異なり様々な部分で注意しなければいけません。
例えば電化製品を使う際にも、不安定な電圧が張り巡らされている室内では、使いすぎやコンセントへ挿したまま放置、といった行為を避けるようにしましょう。
また、必ず現地の電圧にあわせられるような装置も、あらかじめ日本で購入しておくことが大切です。

また盗難防止のため、自分の荷物は常に身の回りに置いておくほか、万が一の時を想定して非常口の確保などもしておきましょう。
その際、スーツケースには鍵付きのもの、もしくは新たに鍵が付けられるものを購入するのがベストです。
仮に盗まれたとしても、中身が空けられないものであれば、犯人も途中で諦めるでしょう。

フィリピンでは自分が外国人であることを認識して行動しなければいけません。
日本ではこうだった、他の国ではどんな感じだった、といったものは現地の人に押し付けないよう心がけましょう。
もし自分が同じことをされたら、と考えれば、自ずと余計な行動に移る事もないかと思われます。

こんな犯罪に注意

フィリピンでは他の国々同様に、様々な犯罪へ巻き込まれてしまうケースがあります。
学生の方も例外ではなく、金額云々というよりも盗みやすい相手をターゲットにされてしまうため、あらかじめ身の回りの注意が必要となります。
トイレを行く時など「ちょっとした時間」の間も、常に気を抜かないよう心がけましょう。

フィリピンで多く見られるのがトランプ詐欺と呼ばれています。
これは第三者から不意にさそわれたパーティの場で、トランプを用いたギャンブルに嵌めるという手法です。
裏カジノのような内容ではありますが、近年では留学生を狙って集中的にパーティを開催している悪人も存在しているそうです。

また本人の意識が無い時に、荷物や財布を盗む手口も横行しています。
レストランやパーティの場において、犯人が持ってきた睡眠薬をドリンクに投入し、それをターゲットに飲ませる「睡眠薬強盗」というものです。
勿論凶悪な犯罪ではありますが、それまで親しげに話していた人物が「まさか」という形で行うため、うっかり罠に嵌められてしまう人も少なくありません。

フィリピンでは貴重品の管理をしっかり!

フィリピンでは貴重品の管理をしっかり行う事が大切です。
日本ではあまり使用しませんが、南京錠をケースや貴重品に取り付けて行動するとよいでしょう。
「そこまで厳重に管理するのか」と思う部分もありますが、それだけ治安が安定していない場所であることを再認識しなければいけません。

元々鍵付きのスーツケースであっても、手先が器用な犯人では鍵を破ってしまう可能性もあります。
そのため盗難用のグッズなども、日本であらかじめ購入しておきましょう。
また、もし寝ている間などに盗難される心配がある場合には、ダミーのスーツケースを1つ予備で持っておく、という方法もあります。
こちらのサイトでも、フィリピン留学の際に必要な持ち物について紹介しています。
>>便利な持ち物|フィリピン留学ならヒューマンアカデミー

食べ物の注意点

フィリピンでは日本と同じような食生活を送るのが難しいとされています。
その理由の一つが飲み水の問題です。
日本のようにろ過装置がしっかりと整ったレストランが少ないため、基本的にはミネラルウォーターを注文するように心がけましょう。
また氷に関しても、地元の水道を用いて作られた物であるため、なるべく抜いてもらうことが大切です。

また魚介類に関しては、なるべく加熱されたものを食べるようにしましょう。
「当たる」可能性のある貝類などは、新鮮なものでも注意が必要です。
地元の人が食している食べ方に習い、フィリピン流の食事を行うようにしましょう。