カナダってどんな国?

canada01

日本人にとって親しみがある カナダは北アメリカの北部に位置している国です。 10個の州に加え、準州と呼ばれる場所が3つ存在しています。 アメリカの真横にあるため、何かと比較される機会が多い国とも言えるでしょう。 カナダと […]

カナダってどんな国?

canada01

canada01

日本人にとって親しみがある

カナダは北アメリカの北部に位置している国です。
10個の州に加え、準州と呼ばれる場所が3つ存在しています。
アメリカの真横にあるため、何かと比較される機会が多い国とも言えるでしょう。

カナダというとバンクーバーやトロント、モントリオールといった、オリンピックに関する場所を思い浮かべる人も少なくありません。
そのため、アメリカに次いで、日本人に親しみのある国の一つと言えるのではないでしょうか。
ちなみに、カナダの首都は、世界2位という大きな国土を持ったオタワという場所になります。

カナダの政治は立憲君主制によって定められており、各州ごとに自治権が与えられているのが特徴です。
そのため、それぞれの地域によって生活する際の注意点などが異なるため、留学する際にはよく確認しておく必要があります。

カナダ名産の食べ物

カナダ名産の食べ物と言えば、やはりメープルシロップが外せないでしょう。
日本でもホットケーキや各種デザートに使用されていますが、本場のシロップは一味違います。
雄大な自然の中で、伸び伸びと育ったカエデから作られたメープルシロップは、帰国時のお土産としても人気です。
カナダの名産品についてはこちらのサイトも参考にしてください。
>>カナダへ行こう!

伝統的な食べ物としてはプーティンというものがあります。
これはカナダ全土というよりもケベック州で主に食べられるものです。
作り方はとてもシンプルで、揚げたてのフライドポテトにチーズとグレイビーソースをかけて召し上がります。
お子様のおやつとしても人気ですが、ビールとの相性もばっちりです。

そのほかにも、冬場は寒いカナダならではの保存食として、ビーフジャーキーやサーモンジャーキーなどが挙げられます。
特にサンドイッチなどで使われるスモークミートは、あまり日本では馴染みの無い食べ物でもあるため、留学から帰ってきた人は懐かしさからついつい食べたくなるかもしれません。

カナダ人の特徴

カナダ人の特徴として、自分の意見をしっかりと他人に伝える、というのが挙げられます。
謙虚な部分も当然ありますが、自分が思ったことははっきりと伝え、その上で分かり合おうというのが考えとしてあるようです。
また好き嫌いもはっきりしているため、初めてカナダ人と接する方は少し躊躇してしまう事もあるでしょう。

感情表現に関しても、上っ面で返事を行わず自然な形で接します。
そのため、内容によってはおせっかいと思う部分も少なくありません。
迷惑と感じられた時には正直にその旨を伝えると、相手にも素直に伝わるでしょう。

また初対面だとしても非常にフレンドリーだ、というのも特徴として挙げられます。
どんな人であってもすぐに受け入れるため、ホームステイをする際にも壁を作らずに済むでしょう。
元々移民が多い国でもあるため、平和主義という考えを常に持っています。

アメリカ人と共に言えることとして、ジョークや人を驚かせることが好き、というのもあります。
会話の中ではちょっと皮肉を交えて話すため、嫌味として聞こえてしまう場合も。
しかし、カナダ人としてはそんなことは一切考えていないため、しっかりと笑い飛ばしてあげるのが大切です。

カナダの有名な観光地

カナダの有名な観光地としてオススメなのがナイアガラの滝です。
花火の種目としても有名ですが、本場の滝は想像を絶するほどの光景が広がっています。
付近にはアトラクションなども用意されているため、一日かけて遊べる場所とも言えるでしょう。

また映画のロケ地としても有名なロッキー山脈も欠かせません。
世界遺産としても登録されている絶景は、カメラ好きの人の聖地とも言えるでしょう。
年間通してツアーも開催されているため、初めて訪れる人も安心です。