オーストラリア留学のメリットとデメリット

オーストラリアは留学に適した国? オーストラリアは諸外国の中でも比較的治安がいい国で、日本からも多くの留学生がオーストラリアに渡っています。 暮らしやすい、人が大らかでフレンドリー、日本にはない大自然を見ることができるな […]

オーストラリア留学のメリットとデメリット

オーストラリアは留学に適した国?

オーストラリアは諸外国の中でも比較的治安がいい国で、日本からも多くの留学生がオーストラリアに渡っています。
暮らしやすい、人が大らかでフレンドリー、日本にはない大自然を見ることができるなどたくさんの利点がありますが、日本とは文化も気候も違う国です。

全くデメリットがない留学先はありません。
そのため、よい点と悪い点をしっかり把握し、自己責任をもって留学する事を考えるべきです。

オーストラリアの気候について

四季がある日本と比較するとオーストラリアは暑いです。
湿度がそれほど高くないので気温に対して過ごしやすいという事はありますが、地域によっては夏場、40度以上という気温になる事もあります。
地域による違いが大きいので、留学先の気温などについても調べておく方がいいでしょう。
日本は気温調節が行き届いている施設が多く、家庭でもエアコンが設置されていますが、オーストラリアではエアコンを取り付けていないご家庭もありますので、これも確認しておきましょう。

南半球は日本と真逆の気候です。
日本が冬でもあちらは夏、いきなりの気温変化に体がついていけないことも多いので、体調管理に気を配るという事も大切です。

湿気が少ないのでからっとしていて過ごしやすいといわれていますが、連日真夏の日光が照りつけることも多く、日焼け対策が必須です。
オーストラリアはオゾン層の破壊が進んでいるといわれている地域なので、日本と比較するとUVが高いのです。

オーストラリアの中でも白人系の方々を見ると、シミ、そばかすがかなり多いという印象を受けることがありますが、紫外線の降り注ぐ率が高いと思っておく方が安心です。
日本製のものよりもオーストラリア製の日焼け止めの方が、効果が高いともいわれていますので、現地で日焼け止めをゲットする方がいいかもしれません。

リゾート感覚で開放感一杯

リゾート地が多く夏というイメージが強いオーストラリアです。
開放感がありそれがこの国のよさにもなっています。
アウトドアを楽しめる場所がそこかしこにありますし、大自然を謳歌できる国です。
しかし、楽しめる場所が多い、開放感があるということが逆に、留学生にとっては勉学の邪魔になることもあります。

またオーストラリアは多民族国家、移民が多い国です。
栄子県とはいっても様々な人種が入り混じっているため、日本人がいても違和感がありません。
アジア系の方も非常に多いので、ヨーロッパに来ている気がしないという方もいます。
特に語学学校に行くと当然アジア系の方が多く、日本からも留学生がたくさん滞在していますし、学校に通っているので、なかなか現地の方と知り合いになれないという事もあります。

物価と文化

オーストラリアの物価は日本よりも高いことを考慮して費用を捻出しておく方が無難です。
清涼飲料水1本を購入するにも、500ml1本が400円位で販売されていますので、日本的な感覚で買い物をしてしまうとあっという間にお金が無くなります。

また日本人にとっては食文化の違いも感じるでしょう。
シーフード、豚肉があまりスーパーで売られていませんし、冷凍食品なども多く、ステーキ、ハンバーガー、ポテトフライなどが多様されています。
日本食レストランもたくさんありますが、とでもなく高いのでレストランに入る際にも料金に気を付けるべきです。

また各種サービスも日本と大きく違うので注意しましょう。
交通網は日本の都市部のようにいつでもどこにいても充実しているという事はありません。
サービスも日本のようにきめ細かくありませんので、「え?」と思う事もしばしばです。

サービス業でも早く閉店する、日曜日は営業していないなどざらです。
バスも定刻通り来ない、週末は5時以降走っていないなど、かなりカルチャーショックを受ける方がいます。
現地にいってからこうしたことを知るとかなり同様しますが、行く前からこういう国だという事を理解しておけば、それほどショックを受けることもありませんし、しっかり行動できるでしょう。